トップページ  > Canvas  > globalCompositeOperation = "合成方法"

★Canvasリファレンス

context . globalCompositeOperation = "合成方法" …… 図形やイメージの合成方法を指定する
Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera10

globalCompositeOperation属性は、図形やイメージの合成方法を指定する際に使用します。

以下のサンプルは、青い四角形を描いたあとに、一部領域が重なるように赤い四角形を描いたものです。 通常は一番最後の「指定なし」のように表示されますが、 globalCompositeOperation属性を使用することで、様々な合成方法を指定し分けることができます。

初期値は source-over です。 すべての値は大文字と小文字が厳密に区別されます。

source-atop
source-in
source-out
source-over (初期値)
destination-atop
destination-in
destination-out
destination-over
lighter
copy
xor
指定なし

指定できる値は上記の通りで、これら以外の値を指定しても原則として無視されます。 ただし、ブラウザベンダーによって拡張機能が追加されることがあるかもしれません。 その場合のキーワードの書式は「ベンダー名-機能名」となると定義されています。

現在のところ、FirefoxとGoogle Chrome・Safariでは、一部キーワードの解釈が異なるようです。 また、IE9はglobalCompositeOperation属性をサポートしていないようです。

■引数(値)の説明

source-atop
現在イメージの領域のみが描画される。重なった部分は新規イメージとなる。
source-in
重なった領域のみが描画される。重なった部分は新規イメージとなる。
source-out
新規イメージの領域のみが描画される。重なった部分は描画されない。
source-over
両方のイメージの領域が描画される。重なった部分は新規イメージとなる。(初期値)
destination-atop
新規イメージの領域のみが描画される。重なった部分は現在イメージとなる。
destination-in
重なった領域のみが描画される。重なった部分は現在イメージとなる。
destination-out
現在イメージの領域のみが描画される。重なった部分は描画されない。
destination-over
両方のイメージの領域が描画される。重なった部分は現在イメージとなる。
lighter
両方のイメージの領域が描画される。重なった部分は混色して描画される。
copy
新規イメージの領域のみが描画される。重なった部分は新規イメージとなる。
xor
両方のイメージの領域が描画される。重なった部分は描画されない。
ブラウザベンダーによる拡張
ブラウザベンダーによって拡張機能が追加される場合、キーワードの書式は「ベンダー名-機能名」となる。

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>canvasで図形を描く</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function test() {
  //描画コンテキストの取得
  var canvas = document.getElementById('sample');
  if (canvas.getContext) {
    var context = canvas.getContext('2d');
    //ここに具体的な描画内容を指定する

    //■■■ destination-overの場合 ■■■
    //青い四角形を描く
    context.fillStyle = "rgb(0, 0, 255)";
    context.fillRect(20,20,50,50);
    //合成の形式を指定する
    context.globalCompositeOperation = "destination-over";
    //赤い四角形を描く
    context.fillStyle = "rgb(255, 0, 0)";
    context.fillRect(40,40,50,50);

    //いったん初期値に戻す
    context.globalCompositeOperation = "source-over";

    //■■■ lighterの場合 ■■■
    //青い四角形を描く
    context.fillStyle = "rgb(0, 0, 255)";
    context.fillRect(120,20,50,50);
    //合成の形式を指定する
    context.globalCompositeOperation = "lighter";
    //赤い四角形を描く
    context.fillStyle = "rgb(255, 0, 0)";
    context.fillRect(140,40,50,50);
  }
}
//-->
</script>
</head>
<body onLoad="test()">
<h2>Canvasで図形を描く</h2>
<canvas width="300" height="150" id="sample" style="background-color:yellow;">
図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。
</canvas>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

Canvasで図形を描く

図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

■関連項目

<canvas> …… 図形を描くHTML5から追加
▲ページ先頭へ
トップページ  > Canvas  > globalCompositeOperation = "合成方法"
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ