トップページ > HTMLタグリファレンス > <APPLET>

★HTMLタグリファレンス

<APPLET> …… JAVAアプレットを挿入する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6

<APPLET>タグはHTMLドキュメントにJavaアプレットを挿入するためのタグです。 HTML4.01では<APPLET>タグの代わりに<OBJECT>タグを使用することが推奨されています。 しかし<OBJECT>タグはブラウザにより対応していない場合があるため、 事実上<APPLET>タグが標準となっています。

※Javaとは
Sun Microsystems社(http://www.sun.co.jp/)が開発したプログラミング言語で、 OSに依存せずユーザーのマシン上で実行させることができます。 JavaScriptと混同されることが多いのですが、JavaとJavaScriptは全く別のものです。

※アプレットとは
アプレット(applet)の最後のレット(-let)は「小さい」という意味の接尾辞です。 アプレットとは小さなアプリケーション、つまり「小さなプログラムのひとかたまり」というほどの意味です。

■使用例

HTMLソース

<applet code="JAC.class" width="128" height="128">
<param name="bgcolor" value="F0F0E8">
<param name="bgimage" value="mojiban.gif">
</applet>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■HTML5情報

HTML5では、<APPLET>は廃止される予定です。 <embed><object> に置き換えることが推奨されています。

<embed> …… プラグインデータを埋め込むHTML5から追加
<object> …… 文書に外部リソースを埋め込む
▲ページ先頭へ
トップページ > HTMLタグリファレンス > <APPLET>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ