トップページ > HTMLタグリファレンス > <FRAME>

★HTMLタグリファレンス

<FRAME> …… フレームに表示するファイルを指定する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6

<FRAME>は、<FRAMESET>で分割された各フレームに表示するファイルと表示方法を指定するタグです。 <FRAMESET>~</FRAMESET>の中に配置して、src属性により表示するファイルのURIを指定します。 尚、<FRAME>のsrc属性でファイルを指定する際には、表示する内容が画像などの場合にも直接画像ファイルを指定せず、 必ず画像ファイルを含んだ文書ファイルを用意して、その文書ファイルを指定するようにしてください。

各フレームの境界線の有無はframeborder属性で指定します。 初期値は1(表示)ですが、境界線を表示させたくない場合には0(非表示)を指定してください。

各フレームのサイズ(境界線の位置)は、初期値はユーザー側での変更が可能となっていますが、これを禁止するにはnoresize属性を指定します。 noresize属性はXHTML1.0では「noresize」と省略せず、「noresize="noresize"」と記述する必要があります。

各フレームのスクロールバー表示の有無はscrolling属性で指定します。 常にスクロールバーを表示させる場合にはyes、常にスクロールバーを表示させない場合にはnoを指定してください。 初期値はコンテンツに応じて自動的に表示させるautoとなっています。

■属性

src="URI" …… フレームに表示する文書のURIを指定する
name="フレーム名" …… フレーム名を指定する
longdesc="URI" …… 各フレームに関する詳しい文書のURIを指定する
marginwidth="左右マージン" …… フレーム内の左右マージンをピクセル指定する
marginheight="上下マージン"・・・フレーム内の上下マージンをピクセル指定する
noresize …… フレームサイズを変更できないように指定する
scrolling="スクロール制御" …… スクロールバーの表示・非表示を指定する
frameborder="枠の表示" …… フレーム境界に枠を表示するかどうかを指定する

■使用例

HTMLソース

<html>
<head><title>フレーム使用例</title></head>
<frameset rows="100,*">
    <frame src="frame_ue.htm" name="ue">
    <frameset cols="150,*">
        <frame src="frame_hidari.htm" name="hidari">
        <frame src="frame_migi.htm" name="migi">
    </frameset>
    <noframes>
    このページはフレームを使用しています。
    </noframes>
</frameset>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

使用例を見る

■HTML5情報

HTML5では、<FRAME>は廃止される予定です。 <iframe>やCSSに置き換えるか、 メニューなどの共通部分はサーバー側でインクルードすることが推奨されています。

▲ページ先頭へ
トップページ > HTMLタグリファレンス > <FRAME>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ