トップページ > HTMLタグリファレンス > <LINK>

★HTMLタグリファレンス

<LINK> …… 関連する文書ファイルを指定する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6

<LINK>タグはその文書ファイルと関連する別の文書ファイルを指定し、 その関係を定義するもので、<HEAD>~</HEAD>間で使用します。

例えば別の文書ファイルとの間に順序や上下の階層関係がある場合、以下のような記述によりその関係を明示します。

■使用例

<head> 
<title>文書番号002</title> 
<link rel="index" href="../index.htm">←indexページとの関係
<link rel="contents" href="mokuji.htm">←目次ページ
<link rel="search" href="kensaku.html">←検索ページ
<link rel="help" href="help.html">←ヘルプページ
<link rel="prev" href="001.htm">←前のページ
<link rel="next" href="003.htm">←次のページ
</head> 

また、外部スタイルシートを参照する際にも<LINK>タグを用います。

■使用例

<link rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css">

■属性

rel="リンクタイプ" …… この文書からみた別の文書との関係
rev="リンクタイプ" …… 別の文書からみたこの文書との関係
href="URI" …… 関連文書のURI
type="MIMEタイプ" …… 関連文書のMIMEタイプ。ブラウザが対応していない形式のデータを無駄に読み込ませないために指定します。
target="フレーム名" …… 関連文書を表示させるフレーム名
charset="文字セット" …… 関連文書の文字コードセット
hreflang="言語コード" …… 関連文書の言語コードセット
media="メディアタイプ"・・・ 関連文書が出力するメディアタイプ。デフォルトは「screen」。
※rel属性で指定するリンクタイプの値
rel属性のリンクタイプは、 指定文書がどのような意味を持つ文書であるかを明示するために指定します。 HTML4.01では以下のリンクタイプが定義されています。

alternate代替バージョンとなる文書
stylesheet外部スタイルシート
start最初の文書
next次の文書
prev前の文書
contents目次
index索引
glossaryこの文書で使用されている用語集
copyright著作権について書かれた文書
chapter
section
subsection
appendix付録
helpヘルプのある文書
bookmarkブックマーク集

■HTML5情報

<link> …… リンクする外部リソースを指定する
▲ページ先頭へ
トップページ > HTMLタグリファレンス > <LINK>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ