トップページ  > HTML5  > <footer>

★HTML5タグリファレンス

<footer> …… フッタであることを示すHTML5から追加
Firefox4 Google Chrome5Google Chrome6 Safari5

<footer>タグは、直近のセクションのフッタであることを示す際に使用します。

フッタとは、そのセクションに関する情報のことで、一般的には、誰が書いたのか、関連文書へのリンク、著作権などの情報が含まれます。作者の連絡先情報は<address>で示しますが、これを<footer>~</footer>の中に入れても良いでしょう。

フッタはセクションの最後に配置されることが多いですが、必ずしもそうする必要はありません。以下のサンプルにはフッタが二箇所ありますが、それぞれ、記事セクションのフッタ、文書全体のフッタとなっています。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

footer要素は、HTML5から新たに追加された要素です。

■使用例

HTMLソース

<body>

<h1>太郎のブログ</h1>
<article>
<h1>カメを助けた</h1>
<p>今日、海へ釣りに出掛けたら、子どもたちがカメをいじめていたので…</p>
<footer>
<p>Posted by 太郎</p>
<address>taro@example.com</address>
</footer>
</article>

<footer>
<nav>
<a href="index.html">トップページ</a>
<a href="about.html">このブログについて</a>
<a href="profile.html">作者の紹介</a>
</nav>
<p>Copyright 2010</p>
</footer>

</body>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

太郎のブログ

カメを助けた

今日、海へ釣りに出掛けたら、子どもたちがカメをいじめていたので…

Posted by 太郎

taro@example.com
▲ページ先頭へ
トップページ  > HTML5  > <footer>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ