トップページ  > HTML5  > <param>

★HTML5タグリファレンス

<param> …… プラグインのパラメータを指定する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10

<param>タグは、<object>タグで プラグインデータを埋め込んだ際に呼び出されるプラグインのパラメータを指定する際に使用します。

<param>タグは、<object>~</object>の中に子要素として配置します。 <param>だけで使用しても、何も意味を持ちません。

name属性でパラメータの名前を、value属性でその値を指定します。 name属性とvalue属性は、どちらも必須属性です。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

param要素には、HTML4.01ではtype属性・valuetype属性が用意されていました。 HTML5ではこれらの属性は廃止されています。

■属性

name属性
パラメータの名前を指定
value属性
パラメータの値を指定

■使用例

HTMLソース

<object width="400" height="300">
<param name="movie" value="./sample/kaeru02.swf">
<param name="quality" value="high">
<param name="bgcolor" value="#ffffff">
<!-- object要素がサポートされていない環境向けにembed要素でも指定 -->
<embed src="./sample/kaeru02.swf" width="400" height="300" type="application/x-shockwave-flash">
</object>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

▲ページ先頭へ
トップページ  > HTML5  > <param>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ