トップページ  > HTML5  > <select>

★HTML5タグリファレンス

<select> …… セレクトボックスを作成する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10

<select>タグは、セレクトボックスを作成する際に使用します。 一般的なブラウザでは、ドロップダウン式のセレクトボックスや、スクロール式のセレクトウィンドウとして表示されます。

<select>~</select>でセレクトボックス全体を定義して、 その中に<option>タグを配置して個々の選択肢リストを作成します。 <option>タグで作成した選択肢を<optgroup>~</optgroup>で囲むと、選択肢をグループ化することができます。

multiple属性は、選択肢を複数選択できるようにする際に使用します。 multiple属性を指定しない場合には、選択肢を1つだけ選択できるようになります。

size属性は、ユーザーに向けて表示する選択肢の数を指定する際に使用します。 size属性の値として指定できるのは、1以上の正の整数です。 size属性の初期値は、multiple属性を指定している場合には4、multiple属性を指定していない場合には1となります。

尚、選択肢をあらかじめ選択状態にするには、<option>タグにselected属性を指定します。

※メモ:<select>は必ずボックスとして表示されるわけではありません。 従って“セレクトボックス”という表現は正確ではありませんが、分かりやすさを優先しています。 正確に解説するなら、「select要素は、選択肢リストから選択するための操作機能を表す要素です。」となります。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

select要素は、HTML5ではautofocus属性・form属性が新たに追加されています。

■属性

autofocus属性
自動フォーカスを指定する(autofocus)
disabled属性
操作を無効にする(disabled)
form属性
どのフォームと関連付けるかを<form>のid名で指定
multiple属性
選択肢を複数選択できるようにする(multiple)
name属性
セレクトボックスの名前を指定
size属性
表示する選択肢の数を指定(1以上の正の整数)

■使用例

HTMLソース

<p>
<label for="language">言語を選択してください:</label>
<select id="language" name="language">
<option value="en">英語</option>
<option value="de">ドイツ語</option>
<option value="fr">フランス語</option>
<option value="ja" selected>日本語</option>
<option value="zh">中国語</option>
</select>
</p>
<p>
<label for="contact">ご希望の連絡方法(複数選択可):</label>
<select id="contact" name="contact" multiple size="5">
<option value="email" selected>電子メール</option>
<option value="tel" selected>電話</option>
<option value="fax" selected>ファックス</option>
<option value="postal" selected>郵便</option>
<option value="office">ご来店時に係員より説明</option>
</select>
</p>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

▲ページ先頭へ
トップページ  > HTML5  > <select>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ