トップページ  > HTMLの基本  > HTML文書の作成

★HTMLの基本

■HTML文書の作成

ごく簡単なHTML文書の作成例

HTMLの書き方がある程度分かったら、HTML文書を作成してみましょう。 以下のサンプルは、ごく簡単なHTML文書の例ですが、 この内容をテキストエディタなどでコピー&ペーストして拡張子を「.html」にして保存すればHTML文書となります。 また、作成したHTMLファイルをウェブサーバーにアップロードすれば、ウェブページとして公開することができます。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>ウェブページのタイトル</title>
</head>
<body>
<h1>ウェブページの見出し</h1>
<p>ウェブページを作成しました!</p>
</body>
</html>

HTML文書の基本構造

HTML文書は、以下のように大きく3つの部分に分けられます。

HTMLのバージョンを宣言する部分
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

<html>


HTML文書のヘッダ部分
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>ウェブページのタイトル</title>
</head>


HTML文書のボディ部分
<body>
<h1>ウェブページの見出し</h1>
<p>ウェブページを作成しました!</p>
</body>

</html>

それぞれの部分について、詳しく確認していきましょう。

1.HTMLのバージョンを宣言する部分

HTMLのバージョンを宣言する部分では、その文書で使用するHTMLのバージョンを宣言します。 HTML4.01には、以下の3種類の文書型宣言(DTD)があります。 ウェブページのHTMLの記述に合わせて、いずれかのDTDを宣言します。

HTML4.01 Strict DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
厳密なDTDで非推奨の要素や属性は使えません。

HTML4.01 Transitional DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
Strict DTDほど厳密ではなく、非推奨の要素や属性なども使えますが、フレームは使えません。

HTML4.01 Frameset DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
Transitional DTDにフレームが加わったものです。

2.ヘッダ部分

ヘッダ部分は<head>~</head>で囲まれた範囲で、その文書の文字コード・タイトル・作成者など、文書に関するヘッダ情報を示します。 ヘッダ情報のほとんどは目に見えるかたちでブラウザ上には表示されませんが、それがどのような文書かを知らせる大切な情報です。

3.ボディ部分

ボディ部分は<body>~</body>で囲まれた範囲で、その文書の本体になります。 この部分に書かれた内容が、ブラウザ上に表示されます。

ルート要素とツリー構造

HTML文書では、ヘッダ部分とボディ部分を合わせた全体を<html>~</html>で囲みますが、 <html>~</html>で囲むことで、この文書がHTML文書であることを定義します。

html要素はルート要素と呼ばれ、文書の“根っこ”となります。HTML文書はhtml要素を始まりにして、 その中にhead要素やbody要素が含まれ、さらにその中にp要素などが含まれるという構造になっています。 html要素を根にして枝葉を伸ばすように様々な要素を配置する構造と言い換えることもできるでしょう。 このような構造をツリー構造と呼びます。

ツリー構造

HTMLでは要素ごとに子要素にできる要素の種類が決められています。 こうした要素の配置ルールを守り、正しいツリー構造の文書を作成することで、 プログラムでデータ処理しやすいウェブページとなり、情報をより有効に活用できるようになります。

<前へ 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > HTMLの基本  > HTML文書の作成
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ