トップページ  > HTMLの基本  > XHTMLの登場

★HTMLの基本

■XHTMLの登場

XHTMLとは?

XHTML(Extensible HyperText Markup Language)は、情報を扱いやすくすることを目的として、HTMLをXMLの文法で定義し直したものです。

XML(Extensible Markup Language)は、その名の通り拡張性に優れた技術で、 例えば、利用者が独自のタグを定義してタグ付けされたデータをプログラム処理したり、 XMLファイルから必要なデータだけを取り出して加工して利用できるなどの長所があります。

HTMLはインターネット上の情報発信や共有を可能にしましたが、 一方で決められたタグしか使用することができない、 HTMLタグをもとにアプリケーションからプログラム処理できないなどの制限もあります。 こうしたHTMLの制限を解消して、ウェブページのデータをより有効に活用するため、XMLの拡張性をHTMLに取り入れようとしたのがXHTMLです。

XHTMLのバージョン

現在、XHTMLには複数のバージョンが同時に存在しています。 2000年1月、W3CによってXHTML1.0が勧告されました。 XHTML1.0はHTML4.01を再定義したバージョンで、HTMLからの変更点が少なく、要素や属性の追加もありません。 基本的にHTMLの知識がそのまま活かせるので、HTMLからXHTMLへの移行がしやすいバージョンです。

XHTML1.0の他には、主に携帯端末を対象としたXHTML Basic、モジュール化の概念が取り入れられたXHTML1.1があり、 バージョンにより仕様が若干異なっています。

■WEB制作技術の年表

年月日出来事
1989年ティム・バーナーズ=リーがHTMLを開発
1993~95年頃HTML 1.0~3.0
1994年10月W3C(World Wide Web Consortium)が発足
1996年12月CSS1勧告
1997年1月HTML3.2勧告
1997年12月HTML4.0勧告
1998年2月XML1.0勧告
1998年4月HTML 4.0仕様改訂
1998年5月CSS2勧告
1999年12月HTML4.01勧告
2000年1月XHTML1.0勧告
2000年12月XHTML Basic勧告
2001年5月XHTML1.1勧告
2004年2月XML1.1勧告
次へ> 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > HTMLの基本  > XHTMLの登場
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ