トップページ  > HTMLの基本  > 非推奨要素・非推奨属性

★HTMLの基本

■非推奨要素・非推奨属性

HTMLは本来、文書構造を定義するための言語です。 HTML 4.01の仕様では、HTML文書から見栄えを分離させ、 見栄えについてはスタイルシートで指定することが推奨されています。

HTML 4.01には、センター揃えをする<center>、フォントの見栄えを指定する<font>などの装飾目的の要素や、 色・サイズ・ボーダーなどを指定する装飾目的の属性が存在していますが、 こうした見栄えに関する要素や属性は、非推奨(deprecated)とされており、将来的には廃止される方針となっています。

現在のところ、非推奨要素・属性に対する扱いは移行期にあります。 HTML 4.01やXHTML1.0には3種類の文書型宣言(DTD)があり、 HTML文書でどの文書型宣言をするかによって非推奨要素・属性の動作が異なります。 最も厳密な定義が適用されるStrict DTDを宣言すると、非推奨要素・属性を使用できませんが、 より定義のゆるやかなTransitional DTDやFrameset DTDを宣言した場合には、非推奨要素・属性も使用できます。

ただし、HTMLの次世代バージョンとなるHTML5では、 <center>や<font>などの非推奨要素や非推奨属性は廃止される予定となっています。 現時点で使用できる非推奨要素・属性もできるだけ使わず、 ウェブページの見栄えのコントロールにはスタイルシートを使用したほうが良いでしょう。

<前へ 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > HTMLの基本  > 非推奨要素・非推奨属性
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ