トップページ > JavaScriptリファレンス > ウィンドウ名.moveTo()

★JavaScriptリファレンス

ウィンドウ名.moveTo() …… ウィンドウ表示位置を指定座標へ移動する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer6 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8

moveToメソッドは、ウィンドウ表示位置を指定座標(モニタ上の絶対位置)へ移動します。

■使用例

HTMLソース

<html>
<head>
<script type="text/javascript" language="javascript">
<!--
function sample() {
window.moveTo(100,150);
}
// -->
</script>
</head>
<body>
<a onclick="sample()">ここをクリックすると、ウィンドウ表示位置がX座標=100、Y座標=150となります。</a>
</body>
</html>
↓↓↓
▲ページ先頭へ
トップページ > JavaScriptリファレンス > ウィンドウ名.moveTo()
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ