トップページ  > CSS3  > E:checked

★CSS3リファレンス

E:checked …… チェックされているユーザーインターフェース要素
Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera10

E:checkedは、疑似クラスの一種で、 チェックされているユーザーインターフェース要素にスタイルを適用する際に使用します。

ユーザーインターフェース要素とは、フォーム部品などのユーザーが操作できる要素のことです。 E:checkedでスタイル適用の対象にできるのは、例えば、<input>で作成する ラジオボタンチェックボックスなどで、 これらの要素にチェックを入れてある場合にスタイルが適用されます。

■セレクタの書式・スタイルを適用する対象

書式
E:checked {プロパティ名:値;}
適用対象
チェックされているユーザーインターフェース要素

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

input[type="radio"]:checked {outline: inset 6px #ffff00;}
input[type="checkbox"]:checked {outline: inset 6px #ffff00;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css">
</head>
<body>

<h4>年齢</h4>
<p>
<input type="radio" id="age10" name="age" value="1"><label for="age10">10代</label>
<input type="radio" id="age20" name="age" value="1"><label for="age20">20代</label>
<input type="radio" id="age30" name="age" value="1"><label for="age30">30代</label>
<input type="radio" id="age40" name="age" value="1"><label for="age40">40代</label>
<input type="radio" id="age50" name="age" value="1"><label for="age50">50代</label>
<input type="radio" id="age60" name="age" value="1"><label for="age60">60代</label>
</p>

<h4>希望職種</h4>
<p>
<input type="checkbox" id="job1" name="job" value="1"><label for="job1">営業</label>
<input type="checkbox" id="job2" name="job" value="1"><label for="job2">経理</label>
<input type="checkbox" id="job3" name="job" value="1"><label for="job3">法務</label>
<input type="checkbox" id="job4" name="job" value="1"><label for="job4">企画</label>
<input type="checkbox" id="job5" name="job" value="1"><label for="job5">開発</label>
<input type="checkbox" id="job6" name="job" value="1"><label for="job6">経営</label>
</p>

</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

年齢

希望職種

▲ページ先頭へ
トップページ  > CSS3  > E:checked
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ