トップページ > スタイルシートリファレンス > 要素型セレクタ(タイプセレクタ)

★スタイルシートリファレンス

要素型セレクタ(タイプセレクタ) …… 特定の要素にスタイルを適用する
Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape6Netscape7Netscape8Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9 Firefox1Firefox2Firefox3

要素型セレクタ(タイプセレクタ)は、要素名で対象を指定してスタイルを適用する基本的なセレクタです。 以下の使用例では、文書内のすべてのp要素に対してスタイルを指定しています。

■セレクタの書式・スタイルを適用する対象

書式
要素名 {プロパティ名:値;}
適用対象
要素名で指定した要素

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

p {color:blue;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css">
</head>
<body>

<h2>今日のお天気</h2>
<p>今日は<strong>晴れ</strong>です。</p>

<h2>明日のお天気</h2>
<p>明日は<strong>雨</strong>です。</p>

</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

今日のお天気

今日は晴れです。

明日のお天気

明日はです。

■関連項目

要素型セレクタ(タイプセレクタ) …… 特定の要素にスタイルを適用する
全称セレクタ(ユニバーサルセレクタ) …… すべての要素にスタイルを適用する
classセレクタ(クラスセレクタ) …… 特定のclass名がつけられた要素にスタイルを適用する
idセレクタ …… 特定のid名がつけられた要素にスタイルを適用する
:link擬似クラス …… 未訪問のリンクにスタイルを適用する
:visited擬似クラス …… 訪問済のリンクにスタイルを適用する
:hover擬似クラス …… カーソルが乗っている要素にスタイルを適用する
:active擬似クラス …… クリック中の要素にスタイルを適用する
:focus擬似クラス …… フォーカスされた要素にスタイルを適用する
:lang擬似クラス …… 特定の言語を指定された要素にスタイルを適用する
:first-child擬似クラス …… 最初に現れる子要素にスタイルを適用する
:first-line擬似要素 …… 要素の最初の行にスタイルを適用する
:first-letter擬似要素 …… 要素の最初の文字にスタイルを適用する
:before擬似要素 …… 要素の直前に内容を挿入する
:after擬似要素 …… 要素の直後に内容を挿入する
属性セレクタ …… 特定の属性を持つ指定要素にスタイルを適用する
属性(値)セレクタ …… 特定の属性(値)を持つ指定要素にスタイルを適用する
属性(値候補)セレクタ …… 属性値候補と一致した場合にスタイルを適用する
複数のセレクタ …… 複数のセレクタに同じスタイルを適用する
子孫セレクタ …… 子孫要素にスタイルを適用する
子セレクタ …… 子要素にスタイルを適用する
隣接セレクタ …… 直後に隣接している要素にスタイルを適用する
トップページ > スタイルシートリファレンス > 要素型セレクタ(タイプセレクタ)
© HTMQ