トップページ > スタイルシートリファレンス > page

★スタイルシートリファレンス

page …… 適用するページボックス名を指定する

pageプロパティは、@pageで定義されたページボックス名を指定して、要素にページボックスを適用する際に使用します。

pageプロパティは、CSS2.1では削除されています。

■値

auto
出力先に応じて自動的に設定(初期値)
ページボックス名
指定した名前のページボックスを適用する

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

@page m50 {margin:50mm;}
p.sample1 {page:m50;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample.css" type="text/css">
</head>
<body>
<p class="sample1">
池のほとりにかえるが住んでいました。かえるは自分の名前があまり好きではありませんでした。「かえるなんて名前より、もっとふさわしい素敵な名前があるはずだよ。」かえるはまいにちそう考えて暮らしていました。ある朝かえるは思いました。「そうだ、神様にお願いして新しい名前をつけてもらおう。神様ならきっと素敵な名前をつけてくださるはずだよ。」そう思うといてもたってもいられなくなり、かえるは神様のところへ出かけました。
</p>
<p class="sample1">
半日歩いて神様のところへついたかえるはいいました。「神様、ぼくにはかえるという名前は似合っていません。もっと上等な名前をくださいな。」神様はおっしゃいました。「かえるよ、お前は以前にも同じ願いをしにきたのを忘れたのか。お前が名前をかえるかえるといってばかりなので、とうとうかえるという名前になったのじゃ。」忘れっぽいかえるは、以前にも神様に同じお願いをしたことをようやく思い出しました。かえるは名前をかえたいと思っていたことが恥ずかしくなって飛んで帰りました。今でもかえるは神様のおはなしをときどき忘れてしまい、名前をかえて欲しいとお願いに行っているそうな。
</p>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

池のほとりにかえるが住んでいました。かえるは自分の名前があまり好きではありませんでした。「かえるなんて名前より、もっとふさわしい素敵な名前があるはずだよ。」かえるはまいにちそう考えて暮らしていました。ある朝かえるは思いました。「そうだ、神様にお願いして新しい名前をつけてもらおう。神様ならきっと素敵な名前をつけてくださるはずだよ。」そう思うといてもたってもいられなくなり、かえるは神様のところへ出かけました。

半日歩いて神様のところへついたかえるはいいました。「神様、ぼくにはかえるという名前は似合っていません。もっと上等な名前をくださいな。」神様はおっしゃいました。「かえるよ、お前は以前にも同じ願いをしにきたのを忘れたのか。お前が名前をかえるかえるといってばかりなので、とうとうかえるという名前になったのじゃ。」忘れっぽいかえるは、以前にも神様に同じお願いをしたことをようやく思い出しました。かえるは名前をかえたいと思っていたことが恥ずかしくなって飛んで帰りました。今でもかえるは神様のおはなしをときどき忘れてしまい、名前をかえて欲しいとお願いに行っているそうな。

■関連項目

page-break-before …… 印刷時の改ページ位置を指定する
page-break-after …… 印刷時の改ページ位置を指定する
page-break-inside …… 印刷時の要素内での改ページを避ける
orphans …… 改ページされる際の前ページの最低行数を指定する
widows …… 改ページされる際の次ページの最低行数を指定する
page …… 適用するページボックス名を指定する
size …… ページボックスのサイズと向きを指定する
marks …… トンボを印刷するかどうかを指定する
© HTMQ